すっぴんの時のまぶたのくすみの原因と取る良い方法って何?

4798dc1ed3d98f86bfa74e4abe8e7908_s

 

まぶたに茶色っぽいくすみができてしまうと、アイメイクをしていた
ら分かりづらいですが、すっぴんの時にすごく目立ちますよね。

 

前はこんなにまぶたが暗くなったのに・・・とショックを
受ける方も少なくないです。

 

どういったことが原因で、まぶたのくすみはできてしまう
のでしょうか。

 

まぶたのくすみの原因とは

 

bfecb4f6c0f857a740d121084a2c3505_s

 

まぶたのくすみをどうにかしたいけど、何が
原因でこんな風に暗く黒ずんでしまったのか
分からないという方も多いと思います。

 

最も多く考えられる原因としては、メラニンによる
色素沈着によるものです。

 

色素沈着は摩擦などの刺激によって、肌のメラノサイトが
刺激されてメラニンが増えて起こるもので、特にまぶたはそれが
起こりやすいんです。

 

といのも、目の周りの皮膚は他の身体の箇所よりも何倍も
薄くてすごくデリケートなんです。

 

非常に皮膚が薄いので、外からの刺激に弱く色素沈着が起きて
茶色っぽく肌がくすんでしまうのです。

 

メラニンによる色素沈着は、主に摩擦によって起こります。

 

まぶたを擦ってしまう理由として

 

  • 目が痒くて手で擦ってしまう
  • アイメイクの時に筆やチップで擦るように塗る
  • クレンジングでアイメイクを落とす時にに擦ってしまう

 

といったことが考えられます。

 

メラニンによる色素沈着はくすみを作ってしまう、
大きな原因の1つですが、これだけではありません。

 

血行不良もまぶたのくすみを作る

 

659443

 

顔の血の巡りが悪い血行不良もまぶたのくすみを作る
原因になります。

 

メラニンによる色素沈着は茶色のくすみを作りますが、
血行不良は青黒っぽいくすみを作ります。

 

まぶたのくすみが青黒っぽければ、血行不良による
ものかもしれません。

 

肌の乾燥によるくすみにも注意!

 

454082

 

肌が乾燥してターンオーバーが乱れて、古い角質が
まぶたに残ったままだと、それがくすみとなることもあります。

 

肌が乾燥してしまう理由としては、体質の部分もありますが
間違ったスキンケアによる場合はありがちです。

 

クレンジングや洗顔で目の部分も洗い過ぎてしまうと、
潤いに必要な皮脂は落ちきってしまって、干からびた
状態になります。

 

その後の保湿も適切にできていないと、まぶたは乾燥状態に
なり、くすみができてしまうというわけですね。

 

まぶたのくすみを取る方法は?

 

598635

 

まぶたのくすみを取るには、まずは目に摩擦を与える
のをやめましょう。

 

目が痒くなっても我慢して擦らないようにしたり、アイメイク
の時もできるだけ擦らないように気をつけましょう。

 

また、クレンジングでアイメイクを落とす時も、ゴシゴシと
摩擦をかけるのではなく、丁寧に落としていくと良いですね。

 

とにかく、まぶたに刺激を与えないことが大事です!

 

そして、血行不良で青黒っぽいくすみができている場合は
目のマッサージをして血の巡りを良くしてあげましょう。

 

その時に注意なのが、刺激を与え過ぎないこと。

 

肌に優しいオイルをしっかりと塗って、丁寧に優しく
マッサージをするようにしましょうね。

まぶたのくすみを取るにはスキンケアが大事!

 

7e570b25c2ae75910cf63cea1ab7b39c_s

 

まぶたのくすみを取るには、スキンケアを徹底的にこだわるのが
近道であったりもします。

 

どんな肌の悩みにも共通することですが、お肌にとって
大事なのは「保湿」です。

 

保湿を徹底的にできるように意識したスキンケアをすること
で肌の乾燥を予防し、ターンオーバーを正常化させることができます。

 

ターンオーバーがちゃんと機能していれば、肌は徐々に生まれ変わり
くすみの部分の肌もだんだん取れていきます。

 

健康的で潤いのある肌を作っていくことがとっても大事なんです。

 

そのためには、クレンジングや洗顔料を低刺激のものに変えてみたり、
と基礎化粧品にこだわってみることも良いですね。

 

また、保湿に特化したアイクリームをまぶたに塗ってあげることで、
乾燥を防ぐのもいいかもしれません。

 

まぶたの皮膚は特に薄いので、とにかく丁寧なスキンケアを心がけ
て行うようにしましょう。

 

まとめ

 

まぶたのくすみは「摩擦による色素沈着」「血行不良」
「まぶたの乾燥」が主な原因だとお話をしました。

 

改善していくには、まぶたに摩擦を与えないことと、血行
を良くすること、そして肌の乾燥を予防することがポイントです。

 

すっぴんでも、まぶたがくすんでない綺麗な状態に
なれるように色々と気をつけていきましょうね。

 

コメントを残す