顔の皮膚がボロボロと剥けるのが痛い!原因や対策方法を教えて!

6afa1e480679f810d595aff69efdcea8_s

 

顔の皮膚がボロボロと剥けると、皮膚が薄くなってしまい
ヒリヒリと痛いですし、病気かと思ってちょっと怖いですよね。

 

皮が剥けると、肌は粉をふいて化粧ノリも悪くなるし、
フケのように見えるので、早く治してしまいたいものです。

 

顔の皮膚がボロボロ剥ける原因

 

8d5a97dd03000bda3a7a2fd7eceb81b0_s

 

アトピー性皮膚炎で、顔が痒くなって爪で掻いてしまうことで
顔の皮膚がボロボロと剥けてしまうこともありますが、そうで
ないのなら他に原因があるということです。

 

日焼けした後のように顔の皮むけが起こってしまうのは、
主に「乾燥」が原因です。

 

顔が乾燥することで、外からの刺激から守ってくれるバリア
機能が壊れて、ボロボロと皮膚が剥けてしまうようになります。

 

乾燥を引き起こしてしまうのは、スキンケアのやり方に問題
があるパターンが多いんです。

 

ニキビや毛穴の黒ずみといった肌トラブルを解消しようと、
洗顔をし過ぎると、皮脂がなくなりカサカサの乾燥肌を
促進させてしまいます。

 

また、タオルでゴシゴシと顔を拭く行為も肌を傷つけて
乾燥を助長させてしまいます。

 

こういった、顔を傷つけてしまうような行為が、実は
皮膚がボロボロと剥ける原因だったりします。

 

顔の皮膚がボロボロと剥ける時の対策方法!

 

680853

 

顔の皮膚が剥けてしまった場合は、まず剥けてしまった
皮を剥がさないようにしましょう。

 

ペロンとめくれた皮を爪などで取ってしまいたい気持ち
もわかりますが、皮膚を薄くしてバリア機能を更に壊して
肌の修復を遅らせてしまうことになります。

 

剥がれかけている皮はそのままにしておいて、潤いを与えて
肌を育てていくようにしましょう。

 

角質細胞間脂質である「セラミド」を重点的に顔の皮膚に与えて
いきます。

 

セラミドには細胞同士を引っ付かせる、ノリのような働きがあり
ボロボロに剥けてしまった皮をケアするのに良いとされています。

 

セラミドを中心として、保湿剤で丁寧に剥けてしまっている部分を
ケアすることで乾燥を防止してバリア機能を高めることにつながります。

 

バリア機能が元に戻れば、ボロボロと皮が剥けることも
改善されていくと思います。

 

保湿ケアも大事なのですが、乾燥を促進させてしまうような
洗顔のやり過ぎなどをやめることも必要です。

 

いくらケアをしたところで、悪い習慣を直さなければ
肌も綺麗にはなりません。

 

肌を労わる気持ちを持って対策をしていきましょう!

 

まとめ

 

顔の皮膚がボロボロと剥けるのは「乾燥」が
主な原因ということでしたね。

 

乾燥といっても、自然になることよりも保湿ケアが十分
でなかったり、洗顔などで洗い過ぎてしまっているという
セルフケアに問題があることが多いです。

 

皮を自分で剥かないように、セラミドを中心にしっかりと
保湿ケアを施す対策方法をしていってあげましょう。

 

コメントを残す