鼻や頬に黒い角栓が詰まり過ぎて困る!取り方ってどうすればいい?

202f65b7b494afb0c67bc44330fa1b43_s

 

 

鼻や頬にびっしりと詰まった、黒い角栓・・・・

 

ぶつぶつしてて目立つし、人に見られるのは

嫌になりますよね。

 

どうにかしようと、あれこれケアをしてみるけど

うまく毛穴を綺麗にすることができなくて困って

しまったという経験がある方も多いんじゃないでしょうか。

 

顔中に詰まりがちな黒い角栓ですが、正しい取り方をしていけば

スッキリと綺麗にすることはできます。

 

黒い角栓が全然治らないのは、もしかしたら間違った方法で取ろう

としているからかもしれません。

 

では、どういった取り方をすれば、黒い角栓は治すことができる

のか方法をご紹介したいと思います。

 

黒い角栓ができる原因って何?

 

638973

 

取り方を知る前に、まずは黒い角栓ができてしまう

原因も知っておくと対策を打ちやすくなります。

 

そもそも、どうやって角栓ができるのかというと、

毛穴に詰まった皮脂と角質が合体してできます。

 

できたばかりの角栓は最初は白い状態で、洗顔後

にニュルニュルとした白いものが目立つようであれば、

それが初期段階の角栓です。

 

白い角栓は、時間が経つと空気に触れて「酸化」を起こして黒くなります。

 

こうして、鼻や頬にぶつぶつと詰まる、黒い角栓ができるわけです。

 

角栓ができるのは、若いうちは皮脂が大量にでるので

それが大きな原因となりますが、

 

20代を超えてくるとそういうわけだけではなくなります。

 

若い時よりも肌は乾燥しやすくなって、乾燥によって

皮脂が沢山出るようにもなりますし、

 

角質も溜まりやすくなるため角栓もできやすくなるんです。

 

角栓に悩まされている方の多くは、

 

乾燥が大きな原因であることが多いです。

 

黒い角栓の取り方を解説!

 

 

鼻や頬に詰まりに詰まった黒い角栓の取り方としてまず思いつくのが、

指で押し出したり、毛穴パックを使ってベリっと剥がしてとることですよね。

 

気になって早く取ってしまいたい方は、

 

こういう強制的な取り方をする方が多いです。

 

心当たりがある方も、いらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

確かに、黒い角栓はうまくやれば取ることはできるかもしれませんが、

一時的なものでしかありません。

 

取った後は穴がマンホールのようにポッカリ空いた状態になるわけです

から、塞がないと角栓が新しくできて、その繰り返しとなるだけなんです。

 

⇒角栓を取ってポッカリ開いた毛穴の閉じ方

 

それに、毛穴パックや指で押しだすのは必ず、

 

肌に傷をつけてしまったり、乾燥させてしまうことになります。

 

ですので、こういった取り方をしている方は全然治るはずもないんですね。

 

黒い角栓を綺麗サッパリ取る方法としては、間違っているわけです。

 

では、どういった方法をすればいいかというと、それは洗顔に答えがあります。

 

黒い角栓はスキンケアでキレイに!

 

 

やっぱり、黒いぶつぶつとした角栓を解消するには、

スキンケアにこだわるのが良いです。

 

シンプルで丁寧な洗顔と保湿ケアを毎日朝と夜にすることで、

顔のターンオーバーが整って角栓もポロポロと取れていきます。

 

 

使う洗顔料と化粧水や乳液は角栓ケア専門のコスメを使ってあげると、

 

角栓でザラザラしない、ツルツルのお肌を取り戻せます。

 

⇒黒い角栓がゴッソリ取れる!?角栓ケア専門のコスメ

 

コメントを残す