皮膚が弱い人でも使えるおすすめの低刺激な基礎化粧品とは?

皮膚が弱い基礎化粧品

 

 

皮膚が弱い極度の敏感肌の場合、毎日使う基礎化粧品
ですら慎重に選ばなければなりませんよね。

 

皆が使っているような市販の化粧品を使ってみても、
赤くかぶれてヒリヒリしてしまうことは頻繁にあります。

 

スキンケアの時にヒリヒリしたり、赤く痒みを感じて
しまうのは、多くの場合は自分に合っていない基礎化粧品を
使っていることが考えられます。

 

皮膚が弱いと肌トラブルにもなりやすいため、きちんとした
ケアはしていきたいところですよね。

 

じゃぁ、どのような基礎化粧品が皮膚が弱い人でも使えるのか、
低刺激で肌に優しいおすすめのものをご紹介したいと思います。

 

皮膚が弱い人の基礎化粧品の選び方

 

皮膚が弱い人でも使えそうな基礎化粧品といっても、どういった
ものを選んでいけばいいのか、選び方を少し見ていきましょう。

 

ボディーソープ

 

595328

 

毎日身体は洗うと思いますが、ほとんどの方は
ボディーソープで全身を洗っていますよね。

 

弱酸性と謳っていて、肌に優しいそうな感じがするものも
ありますが、実は刺激や洗浄力が強いものが多いです。

 

ボディーソープには合成界面活性剤という洗剤などに含まれている、
洗浄力を高めるものが必ずといっていいほど配合されています。

 

そのため、皮膚が弱い人には刺激的で肌の乾燥やかぶれ
の原因となることも少なくありません。

 

敏感肌の方は、純石鹸・洗顔石鹸といった無添加で肌に
優しい石鹸で全身を洗うのがおすすめです。

 

市販の安い固形石鹸の場合は、ボディーソープと同じように
合成界面活性剤が入っているので刺激が強いので、注意してください。

 

クレンジング

 

395911

 

女性の場合は、メイク落としに使うクレンジング選びにも
こだわった方が良いです。

 

皮膚が弱い人で肌がヒリヒリしたり乾燥してしまうのはクレンジング
の刺激が強すぎる場合も考えられます。

 

クレンジングにもいくつか種類が別れていて、特に洗浄力が強いと
されているのはオイル、リキッドといったタイプのものです。

 

そして、低刺激と言われているのが、クリーム・ミルクのタイプの
もので、肌が弱い人はこのどちらかを使うのがいいですね。

 

しかし、洗浄力が弱くなるため、メイク落としがどうしてもできないので
あれば、中間のジェルタイプのものを使うといいかもしれません。

 

洗顔料

 

547164

 

洗顔料も皮膚が弱い人には、ヒリヒリや痒みの原因
ともなることがあります。

 

洗顔料で洗浄力が強いのは洗顔フォームで、敏感肌
には合わないと言われています。

 

洗顔フォームが軽く水分を含ませると、泡が良く立つのは
合成界面活性剤の働きによるものが関わっているんです。

 

そのため、洗浄力が強く肌の潤いを奪いやすいです。

 

肌が弱い方が洗顔をする時は低刺激な洗顔石鹸を使いましょう。

 

 

 

化粧水

 

100302

 

皮膚が弱いと化粧水で、強く染みてヒリヒリすること
もありますよね。

 

それは、アルコールや香料といった添加物が配合されている
化粧水が肌に合っていない可能性があります。

 

肌が弱い敏感肌の方はできるだけ添加物の入っていない
無添加のものを選びましょう。

 

成分表はしっかりと確認したほうがよいですね。

 

皮膚が弱い人におすすめの基礎化粧品シリーズ

 

基本的に市販の基礎化粧品は皮膚が弱く超敏感肌の方向けには
あまり、作られていないことが多いです。

 

そのため、なんとなく良さそうだから買ったとしても肌に
合わなくてヒリヒリすることがあるんです。

 

敏感肌の方がスキンケアをしていくなら、やはり敏感肌用の
基礎化粧品を使っていくのが理想的で、お肌の体質改善にも
つながります。

 

2017y01m08d_231457290

 

POLAのディシアシリーズのアヤナスは敏感肌用の基礎化粧品
で、皮膚が弱い方でも安心して使えるのでおすすめです。

 

高い保湿力を持つ、ヒトナノセラミドといった美容成分
が豊富に含まれています。

 

トライアルセットもあるので、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

 

皮膚が弱い人でも使えるおすすめの低刺激な基礎化粧品を
ご紹介しましたが、人によっては肌に合わないということもあります。

 

それに、肌には合うものであっても、誤ったスキンケアをしている
とヒリヒリや痒みはなくならないので気をつけてくださいね。

 

 

コメントを残す