皮膚が薄い下まぶたの赤み・痒みには注意!原因と改善方法は?

982051df09efa7381a134c296f132f48_s

 

下まぶたは他の身体の箇所よりも皮膚が薄いためデリケートで、
肌の赤みや痒みに悩まされる方もかなり多いです。

 

原因としては単純にこれだというものはなく、
多岐に渡るのでとても複雑です。

 

では、どういったことが原因で下まぶたが赤く痒く
なってしまうのでしょうか?

 

対策方法も含めてご紹介していきたいと思います!

 

よかったら参考にしてくださいね。

 

下まぶたの赤み・痒みの原因と改善方法

 

下まぶたはそもそも皮膚が薄くデリケートな部分なので、
外からの刺激に弱いです。

 

そのため、誰でも赤く痒くなってしまうこともありますが、
そうなってしまう原因は人それぞれ違います。

 

アトピー性皮膚炎

 

616148

 

アトピー性皮膚炎によって目の下がかぶれて赤くなり、酷い痒み
にも襲われる場合はよくあります。

 

特に赤ちゃんに多く見られる病気ですが、「大人のアトピー」とも
呼ばれるように大人になってからアトピー性皮膚炎を発症する方も
増えてきました。

 

アトピー性皮膚炎になる原因としては、アレルゲンであるダニ、
ハウスダスト
、カビといったものが多いです。

 

また、食物アレルギーによって目の下が赤く腫れあがり、酷い痒みに
襲われることもあります。

 

食物アレルギーによる目のかぶれや痒みは、まだ身体が未熟な
赤ちゃんの方が大人と比較して起こりやすいです。

 

アトピー性皮膚炎にはステロイドを塗ることで痒みを抑える
こともできますが、非常に刺激が強いためできるだけ控えた
ほうが良いですね。

 

アトピー性皮膚炎の場合、免疫力が落ちているとより起こり
やすくなるので、睡眠やストレスには気をつけましょう。

 

あまりにも酷いようであれば、まずはすぐに皮膚科のお医者
さんに診てもらうようにしてくださいね。

 

接触性皮膚炎(かぶれ)

 

100308

 

かぶれとも呼ばれる、接触性皮膚炎が下まぶたの赤み
や痒みの原因であることもよくあります。

 

皮膚がかぶれてしまうのは、刺激の強い洗剤など毒性のある
ものが肌に付着してしまうことで起こることがあります。

 

また、化粧品、金属、植物といった物質がアレルギー反応
を引き起こして、皮膚がかぶれてしまうこともあります。

 

下まぶたといった、目の周りが赤く痒くなってしまうのは
自分の肌に合わないものが目に触れてしまっている可能性が
あるということですね。

 

かぶれるということは、バリア機能が低下していることも考えられる
ので、保湿をしっかりするなど肌の抵抗力を高めるようにしてください。

 

 

間違ったスキンケアによる乾燥

 

454082

 

下まぶたの赤み痒みの原因としては、間違った
スキンケアによるものもよくあることです。

 

強力な洗浄力があるクレンジングや洗顔料で顔
を洗うことで、肌は乾燥しバリア機能が低下します。

 

外からの刺激から守ってくれるバリア機能が低下する
と、刺激に弱くなりちょっとのことでかぶれてしまう
ことになるわけです。

 

クレンジングや洗顔は丁寧にやるようにして、決して
乾燥させないことが大事です。

 

下まぶたの赤みや痒みを抑える方法

 

118165

 

下まぶたが赤く痒くなってしまった場合、どうしても
痒くて擦ってしまいがちになりますが肌が傷ついて
しまうため、できるだけやめたほうが良いです。

 

一時的に痒みを抑える方法としては、冷たいタオル
などで患部を冷やす方法があります。

 

冷たくヒンヤリすると、痒みが少し収まると
思います。

 

また、乾燥にとって痒くなってしまっている場合は
保湿をしてあげることで痒みを和らげることもできる
と思います。

 

すぐに改善できるということでは、ないですが
応急処置として痒みを緩和することは期待できます。

 

下まぶたの赤みや痒みには保湿がとにかく大事!

 

658621

 

下まぶたが赤く痒くなってしまう原因は、複雑で人それぞれ
違ってくるので対処の仕方も変わってきます。

 

ですが、元々薄くてデリケートな目の周りの皮膚の抵抗力
を高めるためにも「保湿」だけはとにかくしっかりとやるよう
にしたほうが良いです。

 

保湿がちゃんとできていないと、バリア機能も低下し肌も
通常よりも弱くなってしまいます。

 

目の周りは乾燥しやすいので、特に入念に保湿に力をいれてあげましょう。

 

コメントを残す