顎の白い角栓は残らず除去してしまえ!肌を傷めない取り方とは?

 

顎のブツブツとした白い角栓に悩まされていませんか?

 

白い角栓は顔のいたるところにできますが、

 

顎は顔の中でもできやすいところです。

 

白い角栓が顎にポツポツとあると、見た目的に悪いので、

 

1つ残らず綺麗に取ってしまいたいですよね。

 

自力で綺麗に除去して、顎を見られても恥ずかしくないようにしていきましょう。

 

肌を傷めずに、白い角栓をなくす取り方を解説していきます。

 

顎に白い角栓ができやすい原因

 

白い角栓が顎にやたらできやすい理由は、

 

いくつかあります。

 

カミソリで剃ると角栓ができやすくなる

 

 

男性でも女性でも、顎の産毛や髭をカミソリなどでシェービングすると

 

思います。

 

顎をカミソリで剃ると、肌の角質ごとちょっと削ってしまったり、

 

カミソリ負けして肌が荒れてしまうこともよくありますよね。

 

シェービングで顎にダメージを与えてしまうと、毛穴が詰まりやすくなり、

 

白い角栓もできてしまいやすくなるわけですね。

 

これは白い角栓だけでなく、ニキビが顎にできやすい理由でもあります。

 

顎には皮脂腺が多く存在している

 

 

顎は皮脂腺が多く存在するTゾーンに含まれる部位なので、

 

顔の中でも皮脂が出やすいです。

 

皮脂が多めということは、毛穴に皮脂がその分詰まってしまいやすく

 

なるため、古い角質と混ざりあって白い角栓が顎にはできやすいということです。

 

顎の白い角栓を放置するとヤバイかも?

 

角栓をなくすには放置した方が良いとも囁かれていますが、完全に放置して

 

しまうのはやめておきましょう。

 

放置というのは、引っこ抜いたりしちゃいけないという意味合いで、

 

下手に触らないようにしようということですね。

 

角栓ケアを何もしないでいては、白い角栓が毛穴を塞いだ状態が続くと、

 

アクネ菌を増殖させて顎ニキビを発生させてしまいます。

 

放置はしないで、ちゃんと適切な角栓ケアをしてあげましょう。

 

顎の白い角栓をなくすならまずは身体の中から改善

 

 

顎の白い角栓をなくすには、日頃の生活を変えることでまずは改善

 

していくことが大事です。

 

 

お金をかけずに治したいなら生活習慣には気をつけて

 

 

顎の白い角栓を綺麗に除去していきたいのであれば、生活習慣から

 

まずは見直してみることです。

 

全くお金をかけずに治したい方は、特に気をつけていった方が良いですね。

 

夜更しした次の日には、ニキビといった肌荒れが起きてしまうなど、

 

生活習慣の乱れはお肌にダイレクトに影響していきます。

 

睡眠不足・ストレスといったものはホルモンバランスを乱して、

 

皮脂を過剰にさせたりして、角栓もできやすくなります。

 

あまり夜遅くまで起きずにしっかりと睡眠を取り、ストレスも溜めないように。

 

食事にも気を遣おう

 

 

食事も肌の調子や状態に大きく左右するため、

 

普段から気を遣ってあげましょう。

 

白い角栓の原料となる皮脂は、脂質や糖質などを沢山摂取していると、

 

分泌されやすくなるので、控えるようにしてください。

 

また、肌の調子を整えるといったら、ビタミンです。

 

緑黄色野菜など、ビタミンが豊富な食材を十分に食事に取り入れて

 

あげると身体の内側から肌の状態をよくすることができます。

 

白い角栓を1つ残らず除去したいなら

 

生活習慣を見直して、身体の中から肌の調子を整えて、

 

角栓ができないようにしていくことはとても重要なことです。

 

ただ、そう簡単に生活のスタイルを変えることは難しいですし、

 

意識して食事や睡眠に気を遣うことも続けづらいです。

 

綺麗に顎の白い角栓を除去したいのであれば、やはり毎日のスキンケアも

 

工夫して角栓ケアをしていく方が治りやすいですね。

 

角栓を除去すると言えば、スキンケアが一番手っ取り早い取り方でもあります。

 

肌を傷めない角栓ケアのやり方

 

 

毛穴パックやピーリングは肌を傷めてしまう可能性があるので、

 

肌を傷めないようにケアをしていきましょう。

 

基本的に白い角栓の自然な取り方としては

 

洗顔と保湿ケアの2点に気をつけて角栓ケアをしていきます。

 

クレンジングや洗顔はあまり洗い過ぎないように、

 

使う化粧品や洗い方に注意します。

 

白いニュルニュルの角栓なら、ゴシゴシと洗えば取れると考えてしまいがちですが、

 

肌を乾燥させて傷めるような洗い方は逆効果になるだけです。

 

皮脂は取れても、古い角質までは洗顔では取れないので、乾燥させないように

 

注意して洗って、ターンオーバーを正常化させてあげた方がよっぽど良いんです。

 

そして、洗顔後の保湿ケアには、保湿成分をしっかりと顎の辺りに浸透させて

 

あげて乾燥予防を徹底的にしましょう。

 

それに加えて、皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体であったり、角栓対策になるような

 

コスメも使っていくと効果的です。

 

コメントを残す