小鼻の大量の白い角栓のキレイな取り方を解説!

 

白い角栓は小鼻に大量に発生してしまうとザラザラして不快ですよね。

 

それに、白いカスや汚れにも見えるので、

 

鼻が汚いと周りの人からは思われてしまうかもしれません。

 

いくら取っても完全には取れないし、治らない小鼻の白い角栓を

 

取るにはどうしたらいいか、取り方を解説していこうと思います。

 

小鼻がザラザラしない、ツルツルの鼻にしたい方は参考にしてみて

 

ください。

 

あなたは間違った取り方していないですか?

 

 

最初に確認しておきたいのは、間違った白い角栓の取り方をしていないか

 

どうかです。

 

もしかして、爪で引っかいたり、指で押し出したり、抜いていませんか?

 

できたてホヤホヤの白い角栓であれば、ニュルニュルしてまだ柔らかいので、

 

指で軽く触っただけで取れるなら別に問題はありません。

 

しかし、爪で引っ掻いたり、グリグリと爪を肌に押し付けながら引っこ抜こうと

 

するのは良い角栓の取り方ではないですね。

 

そういった、力づくで取ってしまった後は、鼻の周りが赤くなって

 

荒れてしまいます。

 

一刻でも早く、大量の白い角栓を取りたい気持ちはよく分かりますが、

 

一番やってはいけないことなのでやめておきましょう。

 

毛穴パックの扱いも失敗しがちだから気をつけて!

 

 

小鼻の角栓処理と言えば、毛穴パックを使っている方も多いと思います。

 

毛穴パックは大量の小鼻の白い角栓を一瞬で取ることが

 

できるので便利ですが、多くの方が扱いを間違えて失敗しがちです。

 

特に、毛穴パックを使う頻度が多すぎてやらかしてしまうことはよくあるんです・・・

 

毛穴パックは肌への負担が強いため、2週間に1度くらいの頻度じゃないと、

 

肌が荒れてしまったり、ターンオーバーが乱れて逆効果になります。

 

そして、ひどい人は鼻の皮膚が薄くなってしまって、肌がビニールみたいに

 

テカテカになるビニール肌という状態にもなってしまうんです。

 

毛穴パックは角栓を除去することはできますが、毛穴の開きは直せないですし、

 

肌荒れが起こりやすいので、基本的には使わないようにした方が良いですね。

 

角質ケアは効果的だけど・・・

 

 

鼻の周りの白い角栓をどうにかしたいから、角質ケアも

 

やっている方もいます。

 

ケミカルピーリングやスクラブ洗顔は古い角質を取り除き、小鼻の

 

角栓を除去するのに効果的ですが、注意点があります。

 

ケミカルピーリング、スクラブ洗顔は皮膚を溶かしたり、削ったり

 

して古い角質を取り除くわけですから、肌への負担が大きい方法です。

 

適切な頻度・方法で角質ケアができていれば、むしろ白い角栓には

 

効果的ですが、やりすぎてしまうと肌が荒れます

 

それに、角質ケアのせいで鼻がビニール肌になる方は多いので、

 

月に1回くらいやってあげるくらいで良いです。

 

オリーブオイルと綿棒で小鼻の角栓が取れるって本当?

 

 

小鼻の白い角栓には、オリーブオイルと

 

綿棒が効果的だというのがネットでは話題になっています。

 

なぜオリーブオイルで角栓が取れると言われているのかというと、

 

オリーブオイルは油なので、毛穴の皮脂を浮き出させて取れやすくする

 

ということだそうです。

 

綿棒でクルクルと鼻にオリーブオイルを馴染ませてあげて、その後洗顔をすると

 

角栓が取れるということですね。

 

ただ、これは間違った情報で、オリーブオイルは鼻の角栓を悪化させる原因になります。

 

オリーブオイルの油分が毛穴を詰まらせて、角栓・ニキビを悪化させますし、

 

毛穴を目立たせます。

 

もし、やっていた方がいたら、やめることをおすすめします。

 

角栓に悩まないツルツルの鼻にする本当の方法とは

 

 

色々と、鼻の白い角栓の取り方を挙げてきましたが、

 

本当に角栓のないツルツルの鼻にしたいなら、スキンケアに

 

気をつけることがベストな方法です。

 

色々とケアをやりすぎてしまうから、白い角栓は一向になくならないし、

 

鼻の皮膚が荒れてしまうんです。

 

シンプルイズザベストで、毎日の洗顔と保湿ケアで小鼻の角栓はなくして

 

いきましょう。

白い角栓をなくす洗顔のやり方

 

 

角栓を取るためのスキンケアのファーストステップは、洗顔ですが、

 

ゴシゴシと洗って角栓を取れということではありません。

 

白い角栓は頑張って洗えば落とせそうな感じはしますが、それは間違いです。

 

皮脂だけでなく、古い角質も混じってできているため、普通に洗っても

 

角栓はポロポロ抜け落ちることはないんです。

 

むしろ、洗い過ぎてしまうのは、乾燥させて角栓詰まりをひどくさせるだけです。

 

丁寧に丁寧に洗ってあげて、肌を乾燥させない、ターンオーバーを乱れさせない

 

ように意識して洗ってあげることが角栓を自然になくすことになるんです。

 

鼻は脂っぽく皮脂が多い部位ですが、そんなに一生懸命洗わなくても落ちるので、

 

あくまでも肌に優しくを優先に洗顔はしていきましょう。

洗顔後は角栓ケアができる保湿剤を活用

 

 

洗顔後はターンオーバーを整えるために、保湿剤で鼻を保湿して

 

あげないと、小鼻の白い角栓も治りづらくなります。

 

化粧水や乳液できちんとケアをしてあげて、乾燥を予防しましょう。

 

保湿ケアが十分にできるものであれば、なんでも良いのですが、

 

どうせなら角栓ケアができる保湿剤の方が効率よく改善することができます

 

角栓を溶かす成分であったり、毛穴の引き締め、皮脂の分泌を抑制するといった

 

毛穴ケアができるコスメを活用していくと治りも早くなるはずです。

 

小鼻の大量にできる白い角栓を治したいのであれば、徹底的にスキンケアには

 

気をつけていきましょう。

 

コメントを残す